「送信側メールサーバでディジタル署名を電子メールのヘッダに付与して、受信側メールサーバで検証する(H22春SC午前2問14)」ものは何か
c2f058cb
これもSPAM対策の一つです。
SPAM対策もたくさんあってよくわかりませんね。
SPFやSender IDもありますよね。どう違いますか?



これは、スパムメールの対策であるDKIM(DomainKeys Identified Mail)の説明である。
どちらも送信元のドメインを認証をする点では同じである。
DKIMの特徴は、SPFやSenderIDのようにIPアドレスやメールアドレスで認証するのではなく、証明書を使って認証する点。

■DKIMの設定
設定としては主に
・署名のための秘密鍵と公開鍵の作成
・DNSのTXTレコードで、DKIMの設定

実際の設定は、opendkimを使うことになるでしょう。

ここがわかりやすいです。
https://blog.apar.jp/linux/856/

ただ、DKIMはPCは関係なく、メールサーバ間の設定です。