情報処理安全確保支援士(情報セキュリティスペシャリスト)試験に合格するためのサイトです。
過去問を多数引用しながら、基礎知識をしっかり学んでもらうように作ってあります。
また、情報処理安全確保支援士(情報セキュリティスペシャリスト)を楽しく学べるように工夫したいと思います。

1.CC(ISO/IEC 15408)とは
IPAのサイト(https://www.ipa.go.jp/security/jisec/about_cc.html)では、「CC (ISO/IEC 15408) とは」として、「CC (Common Criteria) とは、情報技術セキュリティの観点から、情報技術に関連した製品及びシステムが適切に設計され、その設計が正しく実装されていることを評価するための国際標準規格です。」と述べられています。
過去問(H20NW 午前問題 問53参照)でも、ISO/IEC 15408に関して、「情報技術セキュリティの評価基準であり、情報技術の製品及びシステムのセキュリティ特性を評価する基盤として用いるためにCCと称した基準」と述べられています。

2.CCの歴史と目的
米国のTCSEC(Trusted Computer System Evaluation Criteria)やヨーロッパのITSECなど、各地域で独自の基準を統合したのがCC(Common criteria)です。1999年にISO/IEC 15408として国際標準化されました。
また、情報セキュリティ白書2011(独立行政法人 情報処理推進機構)には、「欧米等の軍事組織がコンピュータ等のIT製品を調達しようとする際にセキュリティ要件や評価基準が国ごとに異なるため、評価が困難であった。そのため、IT製品等のセキュリティ評価基準を統一し、評価結果を相互に承認しようという考えのもと、コモンクライテリアとして策定され、国際標準ISO/IEC 15408 として規格化された。」と述べられています。
つまり、共通(common)の基準(criteria)でCC(Common Criteria) なのです。

では、過去問を解いてみましょう。
問53 米国で運用されたTCSECや欧州政府調達用のITSECを統合して,標準化が進められたCC(Common Criteria)の内容はどれか。
ア 情報技術に関するセキュリティの評価基準
イ 情報セキュリティ基礎技術の標準
ウ セキュリティ管理のプロトコルの標準
エ 通信サービスに関するセキュリティ機能の標準
(平成17年SM午前)
これは簡単ですね。正解はアです。 参考ですが、ISO/IEC 15408は、「Evaluation Criteria for IT Security」とも呼ばれます。これを直訳すると、ITに関するセキュリティ(Security)の評価(evaluation)基準(criteria)という意味です。

3.ISMSとCCの違い
情報セキュリティスペシャリスト試験を目指す女性SE 

セキュリティの規格といえば、ISMSもありますよね。
たしかこちらも国際基準だったと思います。
ISMS(ISO/IEC 27001)がセキュリティのマネジメント(管理)面での制度であるのに対し、ISO/IEC 15408はセキュリティの製品やシステムに対する基準であることが、両者の根幹の違いです。
では、以下の問題を解いてみましょう。
問53 ISO/IEC15408の評価対象になるものはどれか。
ア 暗号アルゴリズムの品質
イ 認証局業務の運用受託サービスの管理手順
ウ パケットフィルタリング機能をもつファイアウォール用ソフトウェア
エ 表示装置からの電磁波放射による情報漏えいの防止方法
(H18SV 午前問題 問53より)

正解は、ウです。 この基準は、FirewallやOS、データベースなどのセキュリティ製品が適切に設計されているかどうかの基準です。

もう一問、過去問(H22SC春午後Ⅰ問2)を見てみましょう。
以下に当てはまる字句を答えよ。
PCには、[   ]に基づいて評価及び認証されたTPM(Trusted Platform Module)バージョン1.2対応製品が搭載されていることが分かった。
正解は、CC(ISO/IEC15408)です。

参考(優先度が低いので、参考まで)
・評価基準であるCCを使ってどう評価するかは、共通評価方法 (CEM:Common Methodology for Information Technology Security Evaluation)としてまとめられています。

・ISO/IEC 15408のキーワードとして、PPとST、EALがある。PP(Protection Profile) は、セキュリティ要求仕様書で、製品カテゴリごとのセキュリティ要件が記載される。これに対しST(Security Target)は特定製品ごとの設計書である。また、評価保証レベル(EAL:Evaluation Assurance Level)は7段階あり、EAL7の審査が最も厳しい。
過去問(H19年春SV午前)を解いてみましょう。
------
問53 JIS X 5070 (lSO/IEC 15408)の評価保証レベルEAL4に相当するものはどれか。
ア ガイダンス文書の検査や機能仕様書とインタフェース仕様書によって,セキュリテイ機能を確認するレベル
イ 開発者によって実施されたテスト範囲の検査や開発環境で改ざんが起きないことを確認するレベル
ウ 概要設計書の検査や開発者が行ったテスト結果及び脆弱性評価を対象に確認するレペル
エ 詳細設計書と一部のソースコードや製造図面など,実装を確認するレベル
------

正解はエですが、解けなくていいでしょう。

・ISO/IEC 15408内容は以下の3つで構成されている。
Part 1:概要と一般モデル(Introduction and general model)
Part 2:セキュリティ機能要件(Security functional components) 
Part 3:セキュリティ保証要件(Security assurance components)
 詳しくは以下を参照してください。
http://www.ipa.go.jp/security/jisec/about_cc.html
コメント
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
トラックバック

このページのトップヘ