無線LANのセキュリティ対策に関しては、以下を参照いただきたい。
http://www.viva-musen.net/archives/cat_601097.html

ここでは、補足的な解説をする。
無線LANのセキュリティ対策は2つの面を考慮する。一つは認証で、もう一つは暗号化である。
無線LANはセキュリティ対策をしっかりする必要がある。認証をしっかりやらないと、ただ乗りされる”無銭LAN”になってしまう。

[参考]
通常の光のような可視光線通信では、光が当たっていないところには電波が届かないので、セキュリティが分かりやすい。アクセスさせたいところにだけ可視光を当てればよい。
一方、電波は目に見えないので、屋外のどこまで電波がもれているか分かりにくいし、屋外に漏れないような調整も難しい。
そうはいっても、無線LANのAPの設定にて、電波の出力を制限し、無線LANを利用するエリアのみに電波が届くようにすることはやったほうがよい。

※以下のサイトを随分と参考にしました。
http://www.ipa.go.jp/security/vuln/documents/DNS_security.pdf