無線LANの暗号化技術にはどんなものがあるか
暗号化規格の簡単な比較を以下に整理する。
暗号化規格という言葉はあいまいな言葉で、明確な定義ではないのでさらりと流してください。例えば、WEPとWPAを同列で比較すべきかというと、そうではありません。

暗号化規格

暗号化アルゴリズム

WEP

RC4

WPA

RC4であるが、鍵交換方式にTKIPを利用する。

IEEE802.11i(WPA2)

AES

ところが、WEPは脆弱性があることが昔から有名であり、解読ツールを使うと簡単に暗号が解けてしまう。
また、WPAのTKIPにも脆弱性があり、解読される可能性がある。WEPに比べると格段によいのは事実であるが。やはり、WEPやWPAのTKIPを使用せず、WPA2(AES)による暗号を行うのがよいでしょう。