「あらかじめ特徴的なコードをパターンとして登録したウイルス定義ファイルを用いて、ウイルス検査対象と比較し、同じパターンがあれば検出する(H21春SC午前2問8不正解選択肢)」方法を何というか。
最も基本的な検出方法であろう。違う過去問では、「既知ウイルスのシグネチャコードと比較して、ウイルスを検出する」(H23秋FE午前43)と述べられている。正解は、パターンマッチング法 である。

また、定義ファイルを都度更新することも重要です。

IPAの資料
http://www.ipa.go.jp/security/fy15/reports/uvd/documents/uvd_report.pdf
この資料が参考になるだろう。以下にその仕組みの解説を引用する
 
パターンマッチング法
 文献中の用語でいう「パターンデータ」「ウイルスパターン」「パターンファイル」「ウイルス定義ファイル」等を用いて、何らかの特徴的なコードをパターンとしてウイルス検査対象と比較することで検出する場合をこの手法に分類する。また、特徴的なコードの定義には、ファイル名、メール送受信者の名前やアドレス、送信経路情報、メールメッセージの表題、テキスト文章、バイナリ情報等も含めて考え、それらの登録情報(パターン)と検査対象の情報との比較による検出についても同手法によるものとする。