URLフィルタリングとは
許可するWebサイト(URL)をフィルター(選別)することです。

Webフィルタリングの目的
(1)ペアレンタルコントロール
社員に対し、業務に関係が無いサイトへのアクセスを禁止することが主目的です。
たとえば、「アダルト」「ゲーム」「スポーツ」「オークション」などの、業務に関係のないURLの閲覧を禁止します。親が子供を管理するペアレンタルコントロールの意味あいです。

(2)セキュリティを高める
加えて、セキュリティを守るためにも大事な機能です。
たとえば、攻撃者は自らが用意した不審なサイトに巧みに誘導し、ウイルスを感染させたり、情報を抜き取ったりします。それらのサイト(C&Cサーバ)への通信を防ぐのです。

過去問(H22春SC午前2問12)を見てみましょう。
問12 ダウンローダ型ウイルスがPCに侵入した場合に、インターネット経由でほかのウイルスがダウンロードされることを防ぐ有効な対策はどれか。

ア URLフィルタを用いてインターネット上の不正Webサイトへの接続を遮断する。
イ インターネットから内部ネットワークに向けた要求パケットによる不正侵入行為をIPSで破棄する。
ウ スパムメール対策サーバでインターネットからのスパムメールを拒否する。
エ メールフィルタで他サイトへの不正メール発信を遮断する。
正解は一つですが、それ以外の選択肢がなぜ間違いなのかをきちんと確認しましょう。
ウ、エはメールの問題であり、インターネットは関係ないですね。
正解は、アです。