アンチウイルスソフトの導入場所には大きく2つある。
dcf52feb 
一つはパソコンですよね。
もう一つは、UTMであったり、Proxyであったり、SPAM対策機器であったり、いろいろありますね。
そう。前者のパソコンに入れるものをエンドポイントとよばれ、ウイルス対策の基本である。後者は通信経路上にウイルス対策ソフト(装置)を導入する方式で、ゲートウェイ型と整理されるだろう。
ここで問題である。

エンドポイントのウイルス対策ソフトと、ゲートウェイのウイルス対策ソフトの製造元を別にしておくとよい理由は何か
理由は、「パターンファイル更新のベンダによるばらつきや、特定ベンダのパターンファイル更新不備に起因するセキュリティ上のリスクを低減できる(H20SU午後Ⅱ問1より引用・一部修正)」からである。