BitCashを例にすると、いろいろなやりとりがある。
例えば、すぐに申し込みができず、確認メールが送られてきて、そこから申込みがスタートする。
書いたメールアドレスにメールが送られ、そこから購入手続きが始まる。メールはフリーメールのアドレスでも可能なものがほとんど。
恐らくこれは、手順を複雑にすることで、SAPM的な登録を排除するためだと思う。利用者のセキュリティを保護するものではないだろう。
dcf52feb

生年月日を入れさせるのは?
生年月日は恐らく偽装でも可能。だが、あとで生年月日を聞かれることがある。適当に入力していると忘れてしまうので、あるいみ「嘘をつかずにきちんと入れた人しか認証しません」というメッセージになっていると思う。
また、上限額がある。
・同じメールアドレスで、連続での購入も禁止されている。
・購入金額は上限が1万円であり、ネットから購入する場合の不正購入の被害が抑えられるような対策になっていると考えられる。
601a33a7

なりすまし対策は何かしてますか?
利用のカード会社の「本人認証サービス」にご登録する必要あり
これは貴重ななりすまし対策である。
カード情報は、BitCashに行っていると思う。ただ、本人認証はカード会社に直接行っているので、セキュリティは高くなっている。