山田真哉さんの本には「食い逃げされてもバイトは雇うな」とあるが、食い逃げ対策としてのセキュリティも必要かと思います。
食い逃げ対策の例として、食券があります。お金を払わない人には食事を提供しないので、これは一つの対策ですね。それ以外には、入り口に店員を常駐させることもそうである。レジは入口にあり、受付と退室を管理している場合が多い。また、入店の際に不審な人間かをチェックするのも大事かと思う。つまり、高級店でのノータイお断りである。