過去問(H20春SV午後2問2)に詳しい問題文があるので見てみよう。
P課長:利用者認証には,IEEE 802.1Xという規格を採用するのがよさそうだ。これと暗号化方式の強化を組み合わせることでセキュリティの強化を図ることができるだろう。
Qさん:そういえば,私か駅やファストフード店でときどき使う公衆無線LANのAPでもIEEE 802.1Xを利用していたと思います。IEEE 802.1Xでは,利用者の認証はどのように行うのですか。
P課長:IEEE 802.1Xでは,利用者の認証情報はAPではなく認証サーバと呼ばれる別のサーバに格納されており,APはこの認証サーバにアクセスの可否を問い合わせる。そのプロトコルとしては[ e ]を利用する実装が多いようだ。
Qさん:以前はダイヤルアップのアクセスサーバなどでよく使われていたプロトコルですね。各校に認証サーバを設置して共通IDシステムと連携させれば,各校の間で共通に無線LANが利用できるわけですね。
ちなみに、eにはRADIUSが入る。
929c854c
ということは、認証LAN=IEEE 802.1Xと考えてよいですか?





いや、そうではない。
認証LANとは、その言葉の通り、あくまでも「LAN」の「認証」だ。認証さえすればいいので、WEB認証やMACアドレス認証でもいい。