CRL(Certificate Revocation List)とは、言葉の通り、証明書(Certificate)の失効(Revocation)のリスト(List)である。
問19 CRL (Certificate Revocation List)はどれか。
ア 有効期限切れになったディジタル証明書の公開鍵のリスト
イ 有効期限切れになったディジタル証明書のシリアル番号のリスト
ウ 有効期限内に失効したディジタル証明書の公開鍵のリスト
エ 有効期限内に失効したディジタル証明書のシリアル番号のリスト
(H24秋NW午前2)

正解はエ
イの有効期限が切れたものは、CRLに登録しなくても、有効期限をチェックすれば無効かどうかが分かる。

もう一問
問1 特定のCAが発行したCRL (Certificate Revocation List)に関する記述のうち,適切なものはどれか。
ア CRLには,失効された公開鍵証明書に対応する秘密鍵が登録される。
イ CRLには,有効期限内の公開鍵証明書のうち破棄されている公開鍵証明書と破棄された日時の対応が提示される。
ウ CRLは,鍵の漏えい,破棄申請の状況をリアルタイムに反映するプロトコルである。
エ 有効期限切れで無効になった公開鍵証明書は,所有者が新たな公開鍵証明書を取得するまでの間、CRLに登録される。 (H24秋SC午前2)

正解はイ