セキュアプログラミングを理解するにあたり、実際にプログラミングしてみることはとてもいいことだ。
Webサイトを作るのに簡単なのはPHPなので、PHPで簡易なプログラムを組んでいきたい。

PHPのインストール
XAMPPが便利だ。PHPだけでなく、MySQLやその他プログラムが一度にインストールできる。そして、Windowsでも動作する。検証にはもってこいだ。
https://www.apachefriends.org/jp/index.html
以下の「ダウンロード」タブから最新のファイルをダウンロード(青ボタン)しよう。
xampp
今回は、xampp-win32-1.8.3-4-VC11-installer.exe(125Mbyte)を取得した。

インストール
入れるだけ。簡単である。全部インストールしてもいいのであるが、要らなさそうなものはチェックをはずした。とりあえず、PHPとMySQLがあればいいだろう。
install
デフォルトのフォルダは以下。ここに、PHPのプログラムファイルも入れる。
C:\xampp

サービスの起動
ボタンを押すだけ。とりあえずPHPをやるために、最低限Apacheだけは起動しておこう。ついでにMySQLもかな。Apacheのエラーが出た場合には、なにか80番のWebサービスが既に起動している可能性がある。
コントロールパネルの「サービス」にて、それらしきサービスを停止しておこう。
start











サービスの起動確認
以下のサイト(自分自身)にアクセスしてみよう。
http://127.0.0.1/index.php
「XAMPP Windows版へようこそ!」らしき画面がでれば無事にPHP動作環境が完了である。