過去問(H26春SC午前2問3)では、「クラウドサービスにおける,従量課金を利用したEDoS(Economic Denial of Service,Economic Denial of Sustainability)攻撃の説明」として、「クラウド利用企業の経済的な損失を目的に,リソースを大量消費させる攻撃」と述べている。

クラウドサービスでは、トラフィック量などが従量課金で支払うケースがある。これをされると、その企業は莫大な請求額が来ることになる。
DDoSの目的の一つは、嫌がらせである。これは、嫌がらせとして十分な効果を発揮することであろう。