まずは過去問(H25SC秋午前2問14)を見てみよう
問13 迷惑メールの検知手法であるベイジアンフィルタリングの説明はどれか。
ア 信頼できるメール送信元を許可リストに登録しておき,許可リストにないメール送信元からの電子メールは迷惑メールと判定する。
イ 電子メールが正規のメールサーバから送信されていることを検証し,迷惑メールであるかどうかを判定する。
ウ 電子メールの第三者中継を許可しているメールサーバを登録したデータペースに掲載されている情報を基に,迷惑メールであるかどうかを判定する。
エ 利用者が振り分けた迷惑メールから特徴を学習し,迷惑メールであるかどうかを統計的に解析して判定する。

これにより、迷惑メールの検知手法の全体像を整理しよう

ホワイトリスト方式
アの「信頼できるメール送信元を許可リストに登録しておき,許可リストにないメール送信元からの電子メールは迷惑メールと判定する」

ブラックリスト方式
RBL(Realtime BlackList)と言われるものである。
選択肢ウの「電子メールの第三者中継を許可しているメールサーバを登録したデータペースに掲載されている情報を基に,迷惑メールであるかどうかを判定する」

SPFやDKIM
選択肢イの「電子メールが正規のメールサーバから送信されていることを検証し,迷惑メールであるかどうかを判定する」

ベイジアンフィルタリング
選択肢エの「利用者が振り分けた迷惑メールから特徴を学習し,迷惑メールであるかどうかを統計的に解析して判定する」
ベイジアン(bayesian)とは、統計学で有名な数学者である「ベイズの」という意味である。