IPAのサイトには、以下の記述がある。
http://www.ipa.go.jp/files/000013804.pdf

1.1.生体認証(バイオメトリクス)とは
生体認証とは、人の生体的な特徴・特性を用いて行う本人認証方式である。
生体的な特徴・特性を総称して生体情報と呼ぶ。生体情報には、指紋や顔など身体的外観に基づく身体的特徴と、音声や署名など行動特性に基づく行動的特徴がある。身体的特徴は、常に本人の肉体に付随している。行動的特徴は、本人の癖であり、本人であれば再現が可能なものである。

過去問(H27FE春午前問41)をみてみよう。

問41 バイオメトリクス認証には,身体的特徴を抽出して認証する方式と行動的特徴を抽出して認証する方式がある。行動的特徴を用いているものはどれか。
ア 血管の分岐点の分岐角度や分岐点間の長さから特徴を抽出して認証する。
イ 署名するときの速度や筆圧から特徴を抽出して認証する。
ウ 瞳孔から外側に向かって発生するカオス状のしわの特徴を抽出して認証する。
エ 隆線によって形作られる紋様からマニューシヤと呼ばれる特徴点を抽出して認証する。

選択肢は以下を示している。
ア:静脈認証
イ:サイン認証
ウ:虹彩認証
エ:指紋認証

行動的特徴を用いているのは、サイン認証である。