DRM(ディジタル著作権管理)は、「コンテンツの著作権を保護し,利用や複製を制限する技術の総称(H27秋IP問46)」です。H23年NW午後Ⅰでも穴埋めでこのキーワードが問われました。

一方、セキュリティの観点では、IRMがあります。ファイルを暗号化したり、アクセス権を管理するものです。
たとえば、攻撃者がファイルを抜き出したとしても、アクセス権が無いのでファイルの暗号化を解除できません。情報漏えい対策として有効な方法の一つです。
Microsoft社のRMS(Rights Management Services)もその一つです。
情報セキュリティスペシャリスト試験を目指す女性SE 

それ、いいですね。
標的型攻撃にあっても、情報漏えいの危険がありません。
ただ、取引先とこの仕組みでやり取りをする場合、取引先にもIRMのシステムを入れてアカウント管理をする必要があるなど、実行面での課題もあります。