DNS水責め攻撃(ランダムサブドメイン攻撃)に関して過去問(H29春SC午前Ⅱ問6)では、「オープンリゾルバとなっているDNSキャッシュサーバに対して,攻撃対象のドメインのサブドメイン名をランダムかつ大量に生成して問い合わせ,攻撃対象の権威DNSサーバを過負荷にさせる」と述べられています。