情報処理安全確保支援士(情報セキュリティスペシャリスト) - SE娘の剣 -

情報処理安全確保支援士(情報セキュリティスペシャリスト)試験に合格するためのサイトです。
過去問を多数引用しながら、基礎知識をしっかり学んでもらうように作ってあります。
また、情報処理安全確保支援士(情報セキュリティスペシャリスト)を楽しく学べるように工夫したいと思います。

15.セスぺ試験について

資格は力 -情報処理技術者試験・IT資格試験 連勝の勉強法
左門 至峰
技術評論社
2018-10-16
この本は、ネットワークスペシャリストや安全確保支援士などの情報処理技術者試験を軸にしながらも、ベンダ試験やその他ベンダニュートラルな試験も含めて、IT資格の勉強法の全般について書かせてもらいました。
これまでネスペシリーズなどで、IT資格の勉強法などについても少しずつ書いてきましたが、私の資格取得に対するノウハウを1冊にまとめた本になります。

冒頭には、ハッカージャパンでも連載経験があるモリ淳史さんのマンガがあります。これは、私の若いころの失敗談および、資格を目指した経緯などを私のプロフィール代わりとして紹介したものです。

情報処理技術者試験などのIT資格取得を目指す方の指針として、またモチベーションアップのためにも、ぜひ読んでいただきたい一冊です。

出版社さんのサイトに、サンプルページや詳しい目次などが記載されています。
https://gihyo.jp/book/2018/978-4-297-10176-3

2019年の2月を目途に、過去問解説の書籍を刊行すべく、準備を進めています。

過去の書籍は以下です。









以下は情報セキュリティスペシャリスト試験の得点分布である。
合否の決め手となる午後Ⅱをみてみよう。
tokuten
情報セキュリティスペシャリスト試験を目指す女性SE 

合格ラインの60点前後に集中していますね。

これをどう見るかは人によって分かれると思うが、合格する人と不合格の人は紙一重であると感じる。
予想配点を付けると、1問の点数は、穴埋めが2~3点、記述式の場合は5~7点と想定される。
なので、合否ギリギリの人は、穴埋めを1問正解できたとか、答案の書き方が設問文のヒントをうまく使えたとか、その一問で合否は変わってくる。

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ