情報処理安全確保支援士 - SE娘の剣 -

左門至峰による情報処理安全確保支援士試験に合格するためのサイトです。 過去問を多数引用しながら、基礎知識をしっかり学んでもらうように作ってあります。

【ZOOM開催】4/4(土)19時~情報処理安全確保支援士のセミナー【最終回:マルウェアとインシデント対応】

■ZOOMを使った情報処理安全確保支援士のセミナー
・ZOOMによるWEBセミナーを開催します。
・「ネスペ」シリーズ(技術評論社)、「セスペ」シリーズ(日経BP社)の著者である左門至峰が講師を担当します。
・募集はconnpassにて行います。(以下からお申込みください)
https://nespe.connpass.com/event/171960/
・日時:4/4(土)19時~21時半
・テーマ:マルウェアとインシデント対応
・費用:4000円
・場所:ZOOM(皆さんのご自宅など)

■講義内容
(1)マルウェアと標的型攻撃
0.事前課題の送付
1.マルウェアの種類
2.マルウェアのコマンド
3.マルウェア対策
4.標的型攻撃とその流れ
5.C&Cサーバ
6.マルウェアの挙動を過去問で!
7.ログ解析
8.過去問をベースにしたオリジナル問題による問題演習

(2)インシデント対応
1.社内でマルウェア感染
2.社外からの攻撃
3.過去問をベースにしたオリジナル問題による問題演習


■講義の全体スケジュール ★今回は最終回です。
まだまだ準備中ですが、以下を想定しています。(あくまでも予定でして、準備不十分の場合は開催しませんので、その点、ご了承ください)
これらは、問われる可能性が高く、また、しっかりと学習することで、高得点が狙える分野です。
  【日程】        【テーマ】
①2月29日(土) パケットとファイアウォール (1時間、無料)【終了】
②3月7日(土) DNSセキュリティ、DoS(2時間半で4000円)【終了】
③3月14日(土) メールセキュリティ+NWセキュリティ(2時間半で4000円)【終了】
④3月21日(土) 暗号、認証(認証フェデレーション含む)、PKI(2時間半で4000円)【終了】
⑤3月28日(土) HTTP、Proxyのセキュリティ、Webセキュリティの攻撃手法(2時間半で4000円)【終了】
⑥4月4日(土) 標的型攻撃とマルウェア、外部からの攻撃とその対応(インシデント対応含む)(2時間半で4000円)
※セキュアプログラミングは開催予定がありません。セキュアプログラミング無しで合格が可能だからです。

■講義の考え方
 この試験および、その特徴をとらえ、短期間のセミナーをどのように進めていくのか、以下に記載しました。
 https://seeeko.com/2020/02/29/shienshi/

■講義の進め方
・基本は講義半分、問題演習半分です。
・動画配信のように、一方向の講義をするつもりはありません。みなさんに問いかけながら、手を動かしたり、考えてもらう講義にします。また、チャット機能で自分の考えを発表してもらいます。
・演習では、過去問をベースに作成した私のオリジナル問題を解いてもらいます。もちろん、全部解いてもらうと時間が足らないので、解説はポイントをしぼって部分的なものにします。残りは自己学習とさせてもらいます。プリントはメール等でお送りしますので、是非じっくりと復習してください。
・2時間半は長いので、お菓子を食べたり、適宜休憩しながら受講してください。次は皆さんに演習をしっかりと解いてもらう時間を設けます。その時間は、休憩・トイレなどの時間としても活用してください。